温泉寝取らせ性接待~元請け社長に妻を差し出す下請けの悲哀~

作品名:温泉寝取らせ性接待~元請け社長に妻を差し出す下請けの悲哀~
メーカー:こっき心
発売日:20210612
ジャンル:人妻, ビッチ, 寝取られ, 中出し, フェラチオ, 羞恥/恥辱, 複数プレイ/乱交, 巨乳/爆乳

↓↓↓↓ダウンロード↓↓↓↓

元請け会社の社長にダマされた、情けない下請けのヒラ社員の話だ。

「…そう言えば奥さんは元気かね?」

必死に営業する私に、元請け会社の社長は言った。
何言ってんだこのオヤジ…こっちはそれどころじゃ…

「今度我が社の役員連中で慰安旅行に行くんだが…」

それが何だって言うんだ。
早く契約書に判子を…

「奥さんにお酌を頼めんかね?そうすりゃお前に仕事を回してやれるかもしれん」

まさかの申し出に、私はふたつ返事で承諾した。
契約のため、出世のためにと、温泉旅館で妻を接待要員として差し出した私。

…が、これが大きな間違いだった。

宴会場で散々飲まされた私達夫婦はあっさり酔い潰れてしまった。
ようやく私が目を覚ました時、襖の向こう側で繰り広げられている光景は衝撃的だった…。

「夫の稼ぎじゃ満足に生活もできんだろう。どうだ?ワシの愛人にならんか?」

「私っ…社長さんの愛人になりますぅ」

オヤジたちにマ〇コを犯され全身汚し尽くされ悦ぶ妻の姿――
愛人契約を迫られ、愛液をブチ撒けヨガる妻の姿――
私の知らない妻!妻!妻!妻!妻ァァァ―――!

私たち夫婦はこの先どうなってしまうのか。
すべては自分が招いたコト…そして下請けという弱い立場の自分が悪い。
願わくば、温泉旅館に来る前の夫婦関係に戻りたい…。

だが残念なことに、私は堕ちる妻を見て、股間をギンギンに硬直させてしまっていた。
ああ。そういうことか。私は悟って絶望してしまった。
カネと権力の前に何でも捧げてしまう、身も心も隅々奥深くまで搾取される側であると――。

★この物語はフィクションであり、
実在の人物・団体・事件などには一切関係がありません。

————————————————–

制作:ネギネギ夫
企画・シナリオ:こっき心

○基本CG12枚+フルカラーコミック22P
○差分込み本編216枚
○『イラストのみVer』収録

↓↓↓↓ダウンロード↓↓↓↓

同人作品

Posted by you